2016年12月29日木曜日

初値からの年間変動幅を比較した(TOPIX、日経平均株価)

2016年を終えるにあたり、今年は波乱の1年だったとの印象を持つ人は多いと思われる。

そこで、歴史をさかのぼって、過去16年(1991年から2016年)のTOPIXと日経平均株価の年初値からの変動をグラフにした。

Cap_2016-12-29_No-00

Cap_2016-12-29_No-01

2008年の金融危機のマイナス50%というのは飛び抜けている。

これを除くと、他の年と比べて今年がことさら波乱だという感じはしない。-20%程度の下落は「よくある」と言ってよい。

今年を振り返って「波乱」と感じた理由は、大発会から大きく下げ続け、1、2月の下落スピードが相当速かったこと、さらに直近11月12月の上昇スピードも速かったこと、この2つが印象に残ったからか。加えて、イベントとしてイギリスの国民投票でのEU離脱決定、アメリカ大統領選でトランプ氏当選、ともに事前想定とは逆の結果が出て相場が大きな変動をしたこともあろう。

では、来年2017年はどうなるのだろう?

平均的な下落幅が出ると考えると、日経平均株価の初値を仮に19200円とすれば、そこから20%下落した場合は、15360円。日銀のETF買い支えがあるから、さすがにここまでは下げないような気がする。

しかし、何が起こるかわからないのが相場。日銀がもし、テーパリングを示唆するようなことがあれば、ここらあたりまで下を叩きに行く可能性はあるとの心構えをしておくに越したことはない。

2016年12月28日水曜日

トレステの微妙なネット広告

Snap_2016-12-27_No-00

これはデイリースポーツのウェブサイトを閲覧中に、たまたま気づいたgoogleAdSense広告。

2人のお姉さんは何を意図してこういう格好をしているのでしょう?
あ、これはもしかして?

Cap_2016-12-28_No-00

コレだ―!You Tubeにあった。トレステのTVCM。(よく気づきましたね?)

トレードステーションを全く知らない人が「ゲームのキャラクタみたいなお姉ちゃん、なんやこれ?」ってクリックすることを狙っているのでしょうか?なぜこの1場面を切り取って広告にしたのか、その意図を担当者さんに膝を突き合わせて問うてみたい(冗談)

 

「デイトレーダーのための最安水準手数料導入!」
→デイトレは、楽天でも松井でも一日信用を使えば手数料無料だからなぁ。

 

と、いうようなくだらないツッコミは置いて、

思わずクリックしたくなる、証券会社の広告ってどういうものが良いのかな?

自分だったらどういう広告デザインをするだろうか?

なんてふと思ったのでした。

移動平均線大循環インジケータ

Cap_2016-12-28_No-00

12/15に行われたトレステ勉強会では、移動平均線大循環を用いた講義があったらしい。

当方は参加することはできなかったので、既存のインジケータのEasyLanguageをいじって自分で作ってみた。

これは短期・中期・長期の移動平均線3本をつかってトレンドを読むインジケータ。なので、もみあいには弱くトレンドには強い。

直近のトランプラリーではきれいに三本の移動平均線が右肩上がりで上昇トレンドを示している。(銘柄:トヨタ自動車(7203))

2016年12月25日日曜日

恋人がサンタクロース 替え歌 有馬記念バージョン

昔 となりの競馬好きな おねえさんは
クリスマスの日 私に云った
今日 15時25分になれば サンタが家にやって来る

ちがうよ それは頭の中だけの妄想
そういう私に ウィンクして
でもね 馬券オヤジになれば あなたもわかる そのうちに

ルメールがサンタクロース 本当はサンタクロース
武豊追い越して
デムーロがサンタクロース G1に強いサンタクロース
競馬場から来た

----

wish you a Happy 有馬記念!

2016年12月24日土曜日

有馬記念 初見

株式投資とはまったく関係のない話題も、たまにはいいかということで。

明日行われる競馬のG1レース、有馬記念でキタサンブラックが再び好枠を引いた。

確率論では当然起こりうる事象とはいえ(連続外枠4回も、内枠4回も、内2回外2回も、内3回外1回も、内1回外3回もすべて確率は同じ)、

大数の法則なんぞどこ吹く風、4回連続内目の枠になることは「運がいい」「素晴らしい引き」「持っている人(馬)」が世の中にはいるものだと、商店街の福引抽選でも末等しか引いたことのない『持たざる人』ワタクシは感心するわけです。

この抽選結果をJRAの陰謀だ、出来レースだと思うのも自由、確率論としてはあるよねと思うのも自由。

なぜなら、
『思想及び良心の自由は、これを侵してはならない』日本国憲法第19条
なんじゃそりゃ~。

ここでワタクシが想像したのは、枠順抽選会を大々的にTV生中継している中で、キタサンがトップバッターに選ばれて、いきなり大外枠16番を引き、会場全体が水を打ったように「シーン」と静まり返る情景を見たかった気がしないでもありません。(変わり者)

もしあの抽選会で事前の仕込みができていたら、Mr.マリックもびっくりのハンドパワー、JRAさんお見事と言ってあげたい。

注目度が低いマリアライトは大外枠になりましたが、去年も16番だった(4着)。この馬は、宝塚記念も大外枠16番で勝っているから、これはJRAの陰謀(笑)ですな。

こんな風に枠順決定という素材だけでも、競馬ファンは居酒屋での競馬談義に花が咲く、最高の酒肴、一品でお酒何杯もいけますわ。これぞ有馬記念。また、「競馬サークル関係者の極秘情報入手!」とか言って怪しげな情報を売っている競馬予想会社にとっても上物のネタ、有料予想の執筆にもさぞかし力が入っていることでしょう。

まぁ、武豊、北島三郎が嫌いなので買いたくない人にとっては、内枠のキタサンを負かしてこそ、自分の馬券の価値が上がると思って闘志を燃やし、馬券検討に取り組んでいただきたい。(個人的にキタサン、武豊を熱烈応援しているわけではありませぬ)

有馬記念、かつてほどの盛り上がりはなくなったとはいえ、TV・ラジオ・新聞にも情報があふれ、普段は馬券参加しないような人々も興味を持つお祭り、グランプリファイナルにふさわしい迫力のレースとなることを期待しています。

♪同じ阿呆なら踊らにゃ損損♪
盛り上がりましょう。

to be continued...?

2016年12月22日木曜日

スキャナーを動かした後、終了するとエラーが発生する

トレードステーションの不具合について報告。

<発生状況>

  • スキャナーを動かす
  • ワークスペースを保存
  • アプリケーション(トレステ)を終了
  • 他のトレステ関連のプロセスは終了するも、TSScanner.exeは生き残ったまま
  • 数十秒経過後、エラーメッセージが出現

Snap_2016-12-20_17-55-52_No-00

  • スキャナーを動かさなかった場合は、エラーは発生しない。TSScanner.exeは問題なく終了する。

2016年12月20日火曜日

超級個人投資家、降臨セリ

ビッグニュースです!(ほんま?)

超級個人投資家(スーパートレーダー)、RING@単なる個人投資家。(@xRINGx)さん | https://twitter.com/xRINGx が、ついにトレステ界に降臨しました。God bless TradeStation.

私は、氏がtwitterのタイムラインで12月のはじめにトレステの関連セミナーに参加されていたことを知り、その後の展開を固唾をのんで待っていたのですが(大げさやなぁ)

昨日、トレステのレーダースクリーン画面がつぶやきに出現したことで、口座開設を完了し試運転に入ったことが判明しました。

氏のtwitterのフォロワー数は5万人おり、このつぶやきを見てトレステに興味を持った人が増えたと思われます。その影響力を考えると、不特定多数に向けたTVCMを打つよりも宣伝効果は大きいと推測されます。(トレステの中の人、万歳三唱!)

これからの注目点は、彼がどういう使い方をするのか?現在はカブドットコム証券をメインに取引されているようなので(キャプチャ画像から推測)、これからトレステでガンガン取引を増やすのでしょうか?

マネックス証券が求めてやまない「アクティブトレーダー」の獲得、中でも「真のアクティブトレーダー」である氏が、トレステをどう扱うのか、

  • 都合のいい女(情報分析のみ)、愛人の地位のままで終わるのか?
  • 略奪愛を成功させ、正妻(主力取引先)の地位を得るのか?

興味津々、見守っていきましょう。
(おまはん、例えに品がおまへんなぁ...)

彼にダメ出しをされるか、それとも高評価を得るのか、その影響力を考えるとトレステの中の人は気が気じゃないでしょう。トレードステーションの今後の命運を握る事態発生により、サポート担当者は、24時間専属体制をしかねばなるまい(笑)

2016年12月18日日曜日

トレードステーションで表示できるニュース

トレードステーションでは、(もちろん)他の証券会社の取引ツール同様にニュースを表示できる。

他と比べてトレステで面白いと感じた点は、フィルタリングをより細かく設定できるところ。(個人的には、ニュースを表示させることはめったにないので、細かい設定ができたからといって実際の取引に直結するのかは微妙なところだけども...)

ニュース配信会社として登録されているのは次の5つ。

  1. FISCO(フィスコ)
  2. GI24(グローバルインフォ24)
  3. JiJi Press(時事通信社)
  4. Kabushiki Shinbun(株式新聞)
  5. Shikiho Sokuho(四季報速報)

それぞれの配信会社を選ぶと、中のカテゴリを細かくフィルタリング設定することができる。

Snap_2016-12-18_13-31-23_No-00

中には具体的に何を意味しているのかが分からない項目も結構あったりして、ここまで細かいフィルタリングが必要なのかといわれると、、、無言(苦笑)

FISCO

5% rule
5% rule in emerging markets
Analyst's rating
Contribution ranking for Nikkei AVG
Data of commodities
Data ranking of margine transaction
Demand of buying in next week
Demand of selling in next week DSNW
Featured stories on morning newspapers
Good stocks from the point of view of volume change
Ichimoku signal
Important earnings announcement
JASDAW report
List of new share and stock split
List of public offering and secondary offering
List of stocks that has become a hot topic in the newspaper
Lunchtime commentary
Market commentary
Martket outlook for next week
Monthly Trends
NY market closing
NY market opening
Nikkei 225 technical
Opening commentary for domestic stocks
Order trend of foreign companies
Overseas market report
Overview of Tokyo market Opening(1st session)
Overview of Tokyo market Opening(2nd session)
Overview of Today's Tokyo market
Parabolic signal
Press release in emerging markets
Schedule of IPO
Schedule of earnings announcement
Schedule of events
Schedule of setting up mutual funds
Short snap for individual stocks
Stocks are expected split in emerging markets
Stocks have price movements and big volume
Stocks recorded new high and new low
Strategy for individual stocks in emerging markets
TSE Mothers report
Today's expected range of Nikkei 225
Today's investment strategy
Today's selected theme
Today's trend of individual stocks
Tokyo market closing
Top 10 volume, winner and loser in TSE 1st section(session?)
Trading trend by each types of invstor
Trend of bascket trading
Trend of volume change

GI24

-Currencies
--Unspecified
-Markets
--Bond
--Commodities
--FX
--Overall
--Stock
--Unspecified
-News
--Comment
--Economic Indicator
--Market condition
--Prompt report
--Remark of official
--Technical
--Unspecified

JiJi Press

-DJNews
  --DJ
  --DJN_CBK
  --DJN_JWMR
  --DJN_STK
  --DJR_FXLA
  --DJR_LTM
  --DJR_SM

JiJiNews

  Company News E10
  Company News E11
  Economic Statics
  FX Flash F40
  FX Flash F50
  FX Flash F60
  Finance And Bond
  Forex
  General Economic News N10
  General Economic News N11
  General Economic News N12
  Market Summary X10
  Market Summary X11
  Market Summary X12
  Prompt Report Of Result Announcement
  Report On Large Shareholder
  Schedule
  Stocks
  Stocks General News Related

Kabushiki Shinbun

Hot stocks
IPO and emerging markets
In-depth market information
Individual stocks
Rating and patents
Technical
US market Summaries, Currencies, etc

Shikiho Sokuho

カテゴリーなし

以上、項目数を数えるのが面倒くさいほどたくさんある。

実際にフィルタリングを使っている人がどのくらいいらっしゃるのかという疑問は置いておいて、トレステではこんな機能もあるんですよ、という紹介でした。

トレステの中の人に一つ要望するとすれば、このままだと見づらいのでニュース本文には改行を入れて欲しいです。

 

余談:サポートサイトにある最新版マニュアル(20161117_lesson_all)で引用されている画像はおかしいので、差し替えてくださいネ。(配信会社 「リクエスト失敗」になっている)

Snap_2016-12-18_13-11-16_No-00

2016年12月17日土曜日

オーダーエントリー・マクロは現時点では無効になっている

このブログでも何度か触れていた、オーダーエントリー(注文入力)マクロが表示されないた件についての続報。

トレードステーション手習い帳: 注文入力マクロが表示されない?
https://trade-station.blogspot.jp/2016/09/blog-post_43.html

サポートサイトにある最新版マニュアル(20161117_lesson_all)には、オーダーエントリーマクロの使い方について次の記述がある。

20161117_lesson_all

SnapCrab_NoName_2016-12-12_11-40-23_No-00

上のようにマニュアルに書いてあるので、自分のPCで表示されない原因は「俺環」(自分の使用環境が特殊)のせいだと思っていた。

先日、トレステのサポートに問い合わせた結果、次のような回答をいただいた。

オーダーエントリーマクロについてですが、もともと米国版のトレードステーションでは
実装されている機能ではございますが、日本株版につきましては諸般の事情により
現在機能を無効にしております
。今後あらためて提供することも検討してまいります。

え?なになに?
無効にしているって?

なーんだ、もうちょっと早く知っていれば、インストールやりなおしたり、アレコレ悩まなくても良かったのに…(まぁ、ブログのネタにできたので良しとするか)

2016年12月11日日曜日

あらためて証券会社の比較

私が一番初めに口座開設した証券会社は松井証券。その後、SBI証券、楽天証券、GMOクリック証券、マネックス証券の順で、現在5社の口座を保有している。

ここ1,2年の間は特に各社の競争が激しくなっているのか、一般信用取引を利用した日計り、短期売建、貸株サービス、大口優遇条件の見直しなどの新たなサービスが導入されている。

私が口座開設した時からも大きく変化しているので、ここであらためて各社の信用取引について比較整理してみた。なお、大口優遇については、私は対象外なので掲載せず(いつの日か仲間入りする予定、予定、あくまで予定(^^))

1.金利・貸株料

SnapCrab_NoName_2016-12-11_9-43-20_No-00

2.手数料(信用取引)

SnapCrab_NoName_2016-12-11_10-28-15_No-00

1日約定代金、1注文約定代金、計算基準が色々あるため、自分が使う可能性のあるプランでの比較。

この前も書いたように、ここ1年、楽天証券の攻めの姿勢を感じている。

2016年12月7日水曜日

障害発生の記録(12/7) 追記あり

本日、twitter上に以下の書き込みを発見した。

SnapCrab_NoName_2016-12-7_20-37-11_No-00

トレードステーションのサポートサイトを見ると、お知らせがあった。
本日、障害が発生していた模様。(前回の発生は11/11)

【更新】2016/12/7 一部のお客様のPC・モバイルプラットフォームから注文ができない不具合について

(2016/12/7 19:15更新)
2016/12/7(水)、現在、一部のお客様のPCおよびモバイルプラットフォームからご注文できない不具合が発生しております。
現在、復旧に向け対応中です。復旧が完了次第ご案内いたします。
その間、発注が正しくできない、正しくない動きのように見えることなどございましたら、
トレードステーション サポートダイヤルへお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。
サポートダイヤルにて、売却や返済注文等を承ります。

現時点でまだ解決していないようだし(21時)、不安定なのかな?

中の人、大変だと思います。原因究明、復旧、頑張ってくださいねー。

 

12/8 追記:
緊急メンテナンスを行うとのアナウンスがあった。
まだ不具合が続いているのかもしれない。

緊急システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にて、サービス改善を目的とした緊急システムメンテナンスの実施を予定しております。
【2016年12月8日(木)22:00~2016年12月9日(金)6:00】
(作業終了時間につきましては前後する場合があります。)
メンテナンス作業中は、トレードステーションへのログインを一時停止いたします。

【更新】2016/12/7 一部のお客様のPC・モバイルプラットフォームから注文ができない不具合について

(2016/12/8 10:20更新)
2016/12/7(水)より、一部のお客様のPCおよびモバイルプラットフォームからご注文できない不具合が発生しております。
現在、復旧に向け対応中です。復旧が完了次第ご案内いたします。
その間、発注が正しくできない、正しくない動きのように見えることなどございましたら、
トレードステーション サポートダイヤルへお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。
サポートダイヤルにて、売却や返済注文等を承ります。
また、影響のあるお客様につきましては、個別にご案内させていただいておりますが、
ご不明な点などございましたらサポートダイヤルまでお問合せください。

12/9 追記2:
どうやら復旧した模様。

【復旧】2016/12/7 一部のお客様のPC・モバイルプラットフォームから注文ができない不具合について

(2016/12/9 8:00更新)
2016/12/7(水)から2016/12/9(金)0:00の間、一部のお客様のPCおよびモバイルプラットフォームからご注文できない不具合が発生しておりました。
現在、通常どおりPCおよびモバイルプラットフォームからのお取引が可能です。
影響のあるお客様につきましては、個別にご案内させていただいております。
ご不明な点などございましたらサポートダイヤルまでお問合せください。
トレードステーション サポートダイヤル
0120-010-655(携帯電話・PHS 03-6737-1637)
営業時間:平日8:00-17:00
このたびはお客様にはご迷惑をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

2016年12月4日日曜日

ETFの分足データが一部表示されない

トレードステーションでは、過去データを最大25年分表示することができる。(※2016年12月時点)

<足種>
ティック ― 最大6ヶ月
分足 ― 最大約9年(2007年10月1日~)
日足 ー 最大約25年(1991年1月4日~)
週足 ー 最大約25年(1991年1月4日~)
月足 ー 最大約25年(1991年1月4日~)

そこで試しに、分足チャートを最大限さかのぼって表示させてみようと、ダイワ上場投信-トピックス(1305)の5分足チャートを、2007年10月から表示させてみた。

銘柄コードの設定画面を開き、開始日を入力しチャートを表示させる。その後「HOME」キーを押して、最も古いデータに一気にジャンプする。出発点の2007年10月~は問題なく表示された。
ところが、時系列にスクロールしていたら、途中でデータが抜けていることを発見した。

SnapCrab_NoName_2016-11-30_10-53-35_No-00

データウィンドウを開くと、2011/11/29から2015/2/13の間がすっぽりと抜け落ちている。
SnapCrab_NoName_2016-11-30_11-8-6_No-00

キャッシュを削除して、再度表示させるも、抜け落ちは変わらず。

他の銘柄はどうなっているのかと思い立ち、トヨタ自動車(7203)を表示させてみた。すると上記期間の抜けはなく、問題なく表示された。

そこで、もしかしたらETFのデータが怪しいんじゃないかと疑い、TOPIX連動型上場投資信託(1306)を表示させてみると、同様の抜け落ちがあった。(2011/11/29から2015/2/5の間)

SnapCrab_NoName_2016-11-30_10-53-45_No-00

しつこく(笑)さらに、日経225連動型上場投資信託(1321)を表示させたところ、同様に抜け落ちがあった。(2011/11/29から2015/2/18の間が抜け。さらに2011/6/30以前も表示されない。)

SnapCrab_NoName_2016-11-30_10-53-51_No-00

他のETFにも同じように抜け落ちあり。(全銘柄は確認してません)

トレードステーションで何か不具合があると、まずは私個人の特殊環境によるものじゃないかと疑うんですが、これはどうなんでしょう。サーバ側のデータ登録ミスでしょうか?(これらのETFは直近上場されたものではないので、古いデータは当然ある)

このブログを見ておられる他のユーザーさん、同様の作業を試して、結果をお聞かせいただければ助かります。