2016年11月28日月曜日

大口優遇達成のための条件整理

株式らくらく口座(トレードステーション利用)で、取引手数料が無料となる条件は以下の通り。

一定条件を満たせば、取引手数料が無料!

信用取引を行っている口座であって、基準となる週に以下の条件のいずれかを満たす場合、その翌週第2営業日から翌々週第1営業日までの株式取引手数料(現物/信用含む)を無料といたします。

・基準となる週の一営業日あたりの信用取引新規建て金額が5,000万円以上である
・基準となる週の一営業日あたりの信用建玉が5,000万円以上であるhttps://info.monex.co.jp/tradestation/service/fee/

他の証券会社でも、1日新規建て代金5000万円を大口優遇条件としているところが多い。

もし手元口座に現金が5000万円あれば、余力は十分あるので、どーんと一度に5000万円を新規建てすれば容易に達成できる。(保証金率100%)

しかし、残念ながら私の家は畳をひっくり返しても大判小判の入った壺は出てこないため、この大口条件を一発で達成ということは困難だ。

しかし、諦めるのはまだ早い。たとえ資金力がないからといって手段がないわけではない。

手数(てかず)を多く、回転数で攻める手があるじゃぁ♪あ~りませんか♪(チャーリー)

条件の5000万円新規建てするために、どのくらいの資金量と回転数が必要なのか、ワークシートにまとめてみた。

SnapCrab_NoName_2016-11-24_21-18-20_No-00

いくらデイトレードで当日中に手仕舞いするからといって、フルレバレッジ3.3倍(30%)でもって、ぶんぶん振り回すのは、連戦連勝しないと維持率をキープできないので無謀である。

そこでレバレッジ2倍(50%)と仮定すれば、

  • 500万円(*2)*5回
  • 250万円(*2)*10回
  • 125万円(*2)*20回
  • 100万円(*2)*25回

ほ~ら、少し現実味を帯びてきました。これならば少し頑張れば達成できそうですね。手が速い人(あんまりええ感じに聞こえへんけど...)ならば、一日20回程度の取引は常にやっているかもしれません。

ちなみに、5000万円達成した時の金利は、全て買い建てした場合、3,836円。これに1000万円あたりの手数料3,780円(税込)*5の18,900円を加えれば、必要経費が求められる。合計22,736円。

考えられるリスクとしては、大口優遇条件を達成するためにわざわざ取引回数を増やすと、取引で大きな損失を被る可能性も増える。そうなったら何のためにやっているのかわからなくなる、本末転倒。

注意点は、この大口優遇の適用期限が1週間しかないということで、他の証券会社の1ヶ月と比べると短いのが欠点である。

ただ、マネックス証券がトレードステーション日本版を導入した大きな目的は、アクティブトレーダーを他社から引っ張り込むためであり、一日5000万円をひと月に何度も達成する人たちだから、1週間という期限も彼らにとってはあまり気にならないかもしれない。

彼ら以外の手数が少ないトレーダーは、地道に資金を積み重ね数千万円まで増やし、結果的に大口優遇条件を満たすパターンを目指すしかありませんな。小さなことからコツコツと。

実際、いま一日5000万円以上、ぶんぶん回している人って、どのくらいいるんでしょうかね?

2016年11月26日土曜日

EasyLanguageの先生あらわる

twitterのタイムラインを眺めていたところ、トレステの中の人(@TradeStation_JP)と会話されていたnari(@grayhead0603)さん |  https://twitter.com/grayhead0603 という方を発見した。

その方が開設されたブログはこちら。

トレステがおもしろい: http://nari-trade.blog.so-net.ne.jp/
プログラミング言語EasyLanguageを搭載したマネックス証券のトレードステーションで遊んでいます。

内容はEasyLanguageを使ったプログラミングについての解説記事で、私にとっては難易度が高めの内容。

さっそくブックマーク、RSSリーダに登録しました。

勝手に先生とお呼びし、これから勉強させていただきます。

2016年11月23日水曜日

ストラテジー検証その3 RSI_JPを試してみた

(誤字脱字を訂正しました)

前回の検証から1ヶ月以上経過し、この検証企画があったのか忘れていた方もいらっしゃるでしょう(私も)。

対露交渉において、北方領土問題に暗闇から一筋の光が差し込んできたと日本が期待に胸を膨らませていたところ、タフネゴシエーターの面目躍如、プーチン大帝は、内角をえぐった後に外角球で打ち取るための伏線、どころではなくハナから頭部を狙っているのじゃないかと疑ってしまうほどのえげつないビーンボールを来日前に投げつけるというしたたかな露西亜秘密諜報機関伝統芸能をまざまざと見せつけ、バッターボックスに立った日本は腰が大きく引けてしまい、12月の来日の成果はどこまで得られるのか大きく危ぶまれている現状同様、この企画も存続が懸念されていましたが復活です。(えらい冗長な前振りやな...)

第3回目はRSI(RSI_JP)の出番ですよ。

RSI_JPストラテジーはビルトインされていないので、ストラテジー(RSI :買いエントリー,売りエントリー)をコピペして関数の部分を書き換えたものを適用。

インジケータ、RSIとRSI_JPの違い
https://trade-station.blogspot.jp/2016/10/rsirsijp.html


2011年から現在まで(約5年11ヶ月)を検証した。

<検証条件>
期間:2011/1/4-2016/11/22
対象銘柄:TOPIX連動型上場投資信託(1306)
売買条件:
・RSI_JP(14)
・OverSoldレベル(30)を上に抜けたとき買い(売り手じまい)、OverBoughtレベル(70)を下に抜けたとき空売り(買い手じまい)
・売買単位 100株/回
・イントラバー注文の作成、計算を無効 (翌日に成り行きエントリー)
・手数料は除く

<結果>
SnapCrab_NoName_2016-11-23_15-38-24_No-00

・パフォーマンスサマリー

SnapCrab_NoName_2016-11-23_15-33-44_No-00

・収益曲線

SnapCrab_NoName_2016-11-23_15-54-53_No-00

検証期間中、ストラテジーの収益は、-30800円の損失、プロフィットファクター(以後PFと記す)は0.72。(買い取引1.2、売り取引0.5)

<考察>
2012年末から翌年春まで続くアベノミクス相場第一弾、長期上昇トレンドで大きな損失。
2015年前半の半年続く上昇トレンドで大きな損失。
今年1月2月の強い下降トレンドで大きな損失。
一定のレンジ相場ではうまく機能している。

強い上昇トレンド相場の場合は、初期に小さな下落があると(結果的に押し目となる)、そこで売り転換してしまい、その後から続く強い上昇トレンドではRSIの転換は起こらず、ポジションが解消されないまま、大きな損失が出ている。

現在はまだポジションが解消されていない7月29日からのショートポジション転換は、もしこのまま上昇継続し大きなトレンド相場にれば、含み損がどんどん増えていきそうだ。

レンジで小さな利益を積み重ね、トレンドで大きな損失。いわゆる「コツコツドカン」、これは一番やったらあかんやつですな。

前に検証した移動平均線、トレンド系指標は、レンジ相場で機能しないことが多く、今回のRSIオシレータ系指標はトレンド相場では機能しないことが多いというのがよくわかる。

2016年11月20日日曜日

トレステ再インストール完了

メンテナンスが終了したので、らくらく口座にログイン、インストーラーをダウンロード、そして再インストール作業へ進む。

SnapCrab_NoName_2016-11-20_22-24-2_No-00

途中でエラー発生。インストールが中断、ロールバックされる。

これは前にも発生している(何度かインストールしているので、しばしば)から、全然気にせずに淡々ともう一度インストーラを立ち上げ、インストール作業を開始する。

う、また同じエラーが発生した。

これも何度かやっているので、またまた気にせず、インストーラを再起動する。(打たれ強い)

三度目の正直で無事インストーラが完走。最新版へとアップデート、さらにバックアップを復元して完了、よーし!(ホンマええんか?)

 

エラーの原因は、データ通信するためのサーバを登録する時に、相手側の応答が悪いとか、そんな理由があるのかもしれない。(...めっちゃ適当な推測)

他にもひとつ。オーダーエントリーマクロが、ファイルはインストールされているものの、メニューから呼び出しても表示されない問題点は以前と変わらず。(コマンドラインマクロはOK)

今後、Windows10に正式対応する時期が来るだろうから、それまではこの状況でやりくりしていくつもり。(適当やなぁ…)

正式対応後もエラー、不具合が出たらどうしよう?それはその時に考えればええやん。(楽天的、能天気)

情報ダイエットせなあかん

トレードステーションを削除し再インストールしようとしたもののメンテナンス中で動きが取れなくなったため、基本的なことを見直すシリーズ。(いつの間にシリーズ化したん?あー、内容がトレステからどんどん離れて行く~)

情報ダイエット

株を買ったら、持ち株が上がった下がった、日々の動きが気になる。
株を売ったら、売った株が上がった下がった、日々の動きが気になる。
 (売った後は自分の懐具合とは関係ないのに)
日経平均株価が上がった下がった、理由が気になる。
 (指数と個別株、直接には関係ないのに)
相場の現状はどうなっているの?この先はどうなるの?
 (未来を予知できる人など居ないのに)
今、買ったほうがいいの?それとも売った方がいいの?
何を基準に判断行動すれば良いのかわからない。
迷いを解消するために、情報が欲しい。

株式投資の世界にひとたび足を踏み入れたら、この「知りたい欲」を抑えることは難しい。

「知りたい欲」を満たすことは簡単だ。インターネットが普及したおかげで、いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に情報を手に入れることができる。スマートフォンなら、机の前に張り付いていなくとも、たとえトイレの中でも(さすがに用を足している最中は無理...いや?)

新聞、TV、ラジオnikkei、マネー雑誌や株式情報サイトでは、株に関する様々な情報が発信されている。株式評論家、アナリスト、ストラテジストほにゃらら(なんやそれ?)、多くの人による評論や解説を見聞きすることが可能だ。

さらにtwitter上では、ニュース速報、経済指標、個人投資家のつぶやきが24時間絶え間なく流れている。個人投資家のなかにはtwitterフォロワーが数万人、個別株価の動きに影響を与える人もいる。

こうして情報という食べ物を手に入れれば、とりあえず「知りたい欲」は満たされる。
あー食べた食べた、満足満足。ポンポン♪(お腹を叩く音)

ここでふと考える。

食べたものはきちんと消化できているか?
身体の栄養になっているか?
ジャンクフードで一時の空腹を満たすだけになっていないか?
お腹がいっぱいなのに、まだ食卓の上で無駄に積み上げてないか?

天高く馬肥ゆる秋(もう秋やのうて冬ですやん)、米国大統領選をきっかけに相場も活況を呈しており、放っておいたら自身も食べる量(入ってくる情報)が多くなっており、ダイエットが必要だなと感じている。

あんた、情報だけじゃなく、肉体のダイエットも必要やろ?
いや、大丈夫や。むしろ減った体重を少し増やしたいくらいやわ。(リアル)

2016年11月19日土曜日

再インストールを試みるも、、、

わがトレステ君は、これまでに何度かエラーを吐き出したり、細かい点に問題がある。(俺環?)

昨夜突然、神の啓示が降りてきて(?)再インストール作業をしようと思い立ち、現在の環境のバックアップを取った後、PCからトレステをアンインストール削除した。

その後、インストーラーを再びダウンロードするために証券口座にログインしようとしたら、

SnapCrab_NoName_2016-11-20_7-27-46_No-00

月曜の早朝までメンテナンス中の表示が、、、しまった、しまった、島倉千代子....(寒い

トレードステーションにはログインできるが、証券口座はログインできないという。確認を怠った私が悪い、反省。

つい先日までインストーラーファイルは保管していたんだけど削除してしまった、後の祭りよ。これまた間が悪い。

 

きかん坊のトレステ君といい、らくらく口座君といい、私とは波長が合わないのかも(いや、あんたが突然わけのわからん行動しただけやん-ツッコミ)

ま、のんびりいきましょう。

2016年11月14日月曜日

「トレステGO」提供開始!

トレードステーションの体験用、シミュレータがリリースされました。

トレードステーションの体験ソフト「トレステGO」提供開始!トレードステーション / マネックス証券
https://info.monex.co.jp/ts-info/news/20161114_1.html

「トレステGO」はトレードステーションの使い勝手をそのままに、注文をシミュレーションで体験することができるソフトです!
株価や板はリアルタイムの情報をそのままご提供!
注文・約定も実際の株価でご体験いただけます!
「トレステGO」で慣れたら、次は「トレードステーション」でGO!

トレードステーションに興味はあったけど、一から口座を作るのは面倒だなと尻込みしていた人もいらっしゃるでしょう。

今なら先着100名様に無料で提供されるそうなので、早めにウェブから申し込んでみてはいかがでしょうか。

ネーミングが「トレステGO」って、、、『Pokémon GO』のパク、いやオマージュですか(笑)「電車でGO!」っていうのもあったな。

2016年11月13日日曜日

再び手数料無料キャンペーン中

先月まで手数料無料キャンペーンをやっていたんだが、再び開始しているようですね。

キャンペーン期間:2016年11月4日(金)~2016年11月30日(水)

2016年12月末 までの取引手数料が全額無料!

本キャンペーンは2016年10月19日(水)までに口座開設いただいたお客様が対象です。(2016年10月20日(木)以降に口座開設いただいたお客様は「トレステ」デビュー応援キャンペーンの対象であるため、本キャンペーンを併用することはできません。)
2016年11月4日(金)から2016年11月30日(水)までに、一回でもご入金またはお取引いただくと、入金日・取引日の翌週第2営業日から2016年12月30日(金)(約定日ベース)まで手数料無料でお取引いただけます。
※トレードステーションでのお取引が対象です。単元未満株等は対象となりませんのでご注意ください。

利用者にとって手数料が無料になるのは喜ばしいことだが、繰り返しやるということは、そこまでやらんとあかん状況に追い込まれているのか?口座の稼働率が上がっていないのか?などあれこれ邪推してしまうんですが、余計な心配ですね。

楽天証券はいちにち信用取引の手数料無料キャンペーンを恒久対応したりして、競争相手の他の証券会社も攻勢をかけてきているから、しょうがないのかもしれないねぇ。

 

最後に、

明日14日、東京でトレードステーション関連のイベントが予定されている。

月曜日の18:00~、しかも東京、私にとっては絶望的に参加不可である。(変な日本語)

トレードステーション公式ガイド出版発表会~杉原杏璃さん、著名トレーダー出演~ https://info.monex.co.jp/ts-info/seminar/20161101_01.html

著名トレーダーさんが出演されるようですね。この方々はどのくらいトレードステーションを使っているのかなぁ?トレステをガンガン使い倒してるトレーダーさんの話を聞いてみたい。

2016年11月11日金曜日

障害発生の記録(11/11)

サポートサイトにお知らせがあった。本日、発注障害が発生していた模様。
私は昨日、今日と相場から完全に離れていたので、気づかなかった。(この2日間は相場がめっちゃ盛り上がってたのに、いったい何をしていたのやら?)
ネットでもそれほど話題になっていなかったようだが、、、トレステの利用者が少ないからかな?
障害・メンテナンスのお知らせ
【続報】11/14(月)の注文のお取扱いについて
(2016/11/11 20:20追記)
2016/11/11(金)より、PCおよびモバイルプラットフォームからご注文できない状況が発生しており、
株式らくらく口座のウェブサイトからご注文を受け付けておりました。
株式らくらく口座のウェブサイトからの注文受付は、11/11の取引終了時点でいったん終了しております。
11/14(月)以降のお取引については、通常通りPCおよびモバイルプラットフォームからの注文を受け付ける予定です。
受付開始時間等の詳細につきましては、11/12(土)中にあらためてご案内いたします。
ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
(2016/11/11 9:02掲載)
注文の受付を株式らくらく口座ウェブサイトにて受付します
2016/11/11(金)、現在、PCおよびモバイルプラットフォームからご注文できない状況です。
そのため、ご注文は株式らくらく口座ウェブサイトより発注いただくようお願いいたします。
なお、9:00までにお受けした注文は取引所に発注されているものもございます。
また、既にお受けしている注文につきましてはウェブサイトの画面には反映されない場合が
ございますのでご注意ください。
11/11中は、トレードステーションから発注を行うことができず、ウェブサイトからのみ
ご注文をお受けいたします。
11/14(月)以降のご注文のお取扱いにつきましては、あらためてご案内申し上げます。
既に発注されたご注文のお取扱いにつきましては別途ご連絡いたします。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。
ご不明な点につきましてはコールセンターまでご連絡ください。
TradeStationサポートサイト https://info.monex.co.jp/tradestation-support/


そういえば、月曜日に松井証券でもトラブルがあり、NHKでもニュースになっていた。
松井証券 ネット売買のシステムに不具合 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161107/k10010758211000.html
WEBサイトリニューアルして時間がたっておらず、その影響もあったか?

マネックス証券では、来年2017年にシステムを全面リニューアルする予定になっている。大規模な変更なので、当初は売買を控えるなどの警戒をした方がいいだろう。


追記:続報が追加されていた。
【続報】11/13(日)5:00よりPC・モバイルプラットフォームでご注文を受付けます
(2016/11/12 13:25追記)
2016/11/13(日)5:00より、PC・モバイルプラットフォームからの注文受付を開始する予定です。
11/14(月)以降のお取引は株式らくらく口座ウェブサイトではなく、PC・モバイルプラットフォームにて
行ってくださいますようお願いいたします。
なお、11/11(金)以前にプラットフォームより発注いただいた期間指定注文はすべて失効となっています。
あらためて、発注し直していただきますようお願いいたします。

2016年11月8日火曜日

雑感(その2)自分への問いかけ

前稿「テクニカル指標-原点に戻ろう」を書いたあと、テクニカルよりもっと前の原点、基本に戻ることが大事なんじゃないかと思い、頭に浮かんだことを箇条書きにした。

  • あなたは何のために投資をするんですか?
  • 目的がお金儲けだとしたら、目標額はいくらですか?
  • 儲けたお金の使い途は何ですか?
  • 目標達成までどのくらいの期間を想定していますか?
  • 目標を達成したらその後はどうするんですか?同じことを続けますか?
  • 投資対象としてなぜ株式を選んだんですか?先物、FX、金、国債、他にも投資先はありますよ。
  • なぜ日本株なんですか?米国、中国、他の国も選べますよ。
  • 上場会社はたくさんありますが、何を基準に銘柄を選ぶんですか?
  • 銘柄を決めたら、何を基準にどのタイミングで買ったり売ったりするんですか?
  • 資金管理、リスク管理はどうやるんですか?
  • 株と現金の比率は?
  • 持っているお金全部を投入しますか?少しずつ分散しますか?
  • 売買する量はどうやって決めるんですか?
  • 含み損、損失が出た時にどうしますか?
  • 損失はどこまで許容しますか?いつ損切りしますか?
  • 持ち株が上がったらどうしますか?いつ利益確定しますか?

はっきりとした答えが出せるか?うーん、、、

もう一度、ルール作りからきちんとやらないといかん。

2016年11月6日日曜日

テクニカル指標-原点に戻ろう

株価チャートに表示できるテクニカル指標は、証券会社のツールごとに数の違いはあるものの、基本中の基本である移動平均線からはじまり、MACD、ストキャスティクス、RSI、ボリンジャーバンド等々、数多く存在する。

当ブログの主役、トレードステーションにいたっては、なんと200近くもの指標を表示できる。思わず「そないようさん表示して何すんねん!」とツッコミを入れてしまうほどだ。(「どんだけ~」とは言わない、でおこうとしたが最後に言ってしまった...)

現在のように便利なツールがなかった時代は、自分で電卓を叩き方眼紙に書き込み、手作業でチャートを作っていたらしい。今ではPC、スマホ、タブレット、いつでもどこでもたやすくワンクリックでテクニカル指標は表示可能だ。

そのメリットを活かし、私もトレステを使ってテクニカル指標をサクッとワンクリック表示し「うーん、チャート的には悪い形やな」なんて、したり顔で言ったりもする。

が、はたしてテクニカル指標をどこまで分かって言っているのか?

先日はRSIとRSI_JPの違いについて投稿した。このRSIについて、誰にでもわかりやすく簡潔にその意味と具体的な使い方を説明してくださいと求められたら、私自身、甚だ心もとない。(別に説明を求められる機会はないけどね)

テクニカル指標は、知識が豊富にあるからといって投資成績の向上に結びつくとは限らない。うまく売買できる保証はない。だからといって全く役に立たないということでもなく、使い方次第で強力な武器にもなりうる。

世の中には、テクニカル指標は役に立たないという人もいる。一方、それを参考に売買して好成績をあげている人もいる。このブログで、使える使えない、不毛な議論をしてもしょうがない(どっちでもええやん)。ただ何も知らずに使うのと、特徴を知って使うのとでは大きな違いがある。

これから長期にわたりトレードステーションを使っていく上で、これまであまり重視してこなかったテクニカル指標を今後は有効活用していきたいと考えている。

ということで、昨日述べたようにちょうどやる気もないことだし(?)、株式投資を始めた時の原点に戻って、テクニカル指標についてちゃんと学ぼうと思い立った日曜日の昼下がり。

みなさんは、
 テクニカル指標を使ってますか?
 売買の参考にしていますか?

2016年11月5日土曜日

スクラップ:米株チャート(11/4)

米国株、指数のチャート(日足、6ヶ月、11/4終了時点)

先週からさらに下落。

・ダウ

SnapCrab_NoName_2016-11-5_14-51-51_No-00

・S&P500

SnapCrab_NoName_2016-11-5_14-52-10_No-00

・NASDAQ

SnapCrab_NoName_2016-11-5_14-52-34_No-00

・Russel2000

SnapCrab_NoName_2016-11-5_14-52-55_No-00

ダウは9月安値を割ったところを目処に、S&PとRusselは200日移動平均線に接近し、買い戻しが入ったのか?踏ん張った模様。来週は上昇してくる200日線との攻防。

雑感(その1)

(今回の内容は、トレステとは全く関係ありません)

2016年も残すところ2ヶ月を切り、来週は米国大統領選挙、そして12月には最大の山場?FOMCを控えております。ヒラリー候補のメール問題が突然蒸し返され、これから先の年末相場どころか来週の行方ですら五里霧中の現状ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。儲かってまっかー?ぼちぼちでんな~。

わたくし個人といたしましては、今年はもう店じまいの看板を掲げております。ハイ。

その理由は、大儲け、大損したのでもう打ち止めというようなことではなく、単にガンガン取引をしようという意欲が湧いてこないためです。単にやる気がない、、、やる気!元気!井脇!、、、コホン、失礼。

人様の大事なお金を預かるファンドマネージャーなら、どんな相場環境下でも一定のポジションを持たなければならない。しかし個人投資家は、休んで相場から離れても誰からも文句は言われない。私は幸いにしてポジポジ病には罹患していないので、ポジションがなくてもこうやって駄文を打ち込みつつ、「えらい下がっとるやんけ、ワレ!)」などと適当なことをつぶやき、のんびりしていられるわけです。

この夏、相場の神様がトレードステーションという素晴らしいツールを我に与え給うたにもかかわらず、かくの如き状態はまさに「宝の持ち腐れ」、このブログを訪れているかもしれぬトレステの中の人には面目次第もござりませぬ。

週末は、来年に向けた作戦を練るために、年初来書き溜めた投資メモ・ノートを見直します。