2017年5月22日月曜日

楽天証券の攻勢、激しさを増す

トレードステーションの手数料が改定される、まさにこのタイミングを狙ったかのように、楽天証券のキャンペーンが始まった。

いちにち信用取引 売買代金100万円以上 金利・貸株料0円キャンペーンhttps://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20170522-01/

2017年5月22日~2017年7月31日約定分のいちにち信用取引にかかる金利・貸株料0%の条件を、従来の300万円以上のお取引から、100万円以上のお取引に大幅に引下げます。

日計り取引(楽天証券では「いちにち信用取引」と言う)の金利、貸株料を引き下げる内容。

大きな資金を動かすいわゆる”大口優遇”によって手数料や金利の割引を受けている大口アクティヴトレーダーにとっては、それほど大きなメリットではなさそうだ。しかし一般個人投資家には、デイトレードをするならほぼ楽天証券一択になったと断言するのは言い過ぎか、いやそうとはいえまい(反語)。

ちなみに、このキャンペーンは、7/31までの期間限定ということになっているが、個人的にはキャンペーン終了後に期間限定が外れ、常態化すると思っている。(いちにち信用取引についても、最初は手数料をとっていたが、期間限定で手数料無料キャンペーン、その後に無料常態化と変遷している)

個人としても楽天証券を利用しているので、これはありがたい。あとは取引ツールのマーケットスピードのデザインとカスタマイズ性が増したら最高なんだが。

マルチチャートの配色を変更する

トレードステーションのマルチチャートについて、デフォルトの配色は見づらく感じたので、カスタマイズした。

オリジナル
Snap_2017-5-22_No-02

変更後
Snap_2017-5-22_No-03

 

方法

マルチチャートはEasyLanguageで記述されているので、該当するEasyLanguageファイルを編集する。

・トレードステーション開発環境を立ち上げ、アプリケーションを開く。

オリジナル(MultiChart)は、今後バージョンアップする可能性もあるため変更せずに、個人カスタマイズ用として別名で保存し、編集する。(ファイル名は、MultiChart-Rなど適当な名前をつける)

Snap_2017-5-22_No-01

今回、変更したい箇所は、ローソク足の色、価格の色、移動平均線の色、3つ。

1)ローソク足の色

2586行、ローソク足のスタイルが定義されているので編集する。

2586: candlestickRendererObj.SetStyle(1.0,Color.Red,Color.blue,Color.Gray);

陽線:Red → そのまま

陰線:blue → DodgerBlue

髭:Gray → White

2)価格の色

2189行

2189:  clr = TSColors.GetLossColor(0);

GetLossColor(0) → elsystem.drawing.color.DodgerBlue

マイナス時は青で表示される。マルチチャート内部では定義されておらず、システム側でGetLossColorとして定義されているので、ひとまずはこうやるしかなさそう。

もし、プラス時の色を変える場合は、2192行の、clr = TSColors.GetProfitColor(0);を好みの色に変更すればよい。

3)移動平均線の色

2637行で短い時間軸、2641行で長い時間軸のスタイルが定義されている。

2637:  movingAverageLineRenderer1.SetStyle(1f,elsystem.drawing.Color.SeaGreen);

SeaGreen → Yellow

2641:  movingAverageLineRenderer2.SetStyle(1f,elsystem.drawing.Color.Purple);

Purple → Magenta

 

プログラムを変更後、検証(F3)し、エラーがないことを確認。

以上

(自己流改造のため何か不具合があるかもしれませんので、ご注意ください)

 

追記:ファイル編集をする際は、該当するマルチチャートを必ず閉じてから行うこと。立ち上げている最中に検証作業をするとフリーズしてしまいます。